寝ながらパソコンやゲームをするとすぐに辛くなりますが、工夫次第で作業できるようになります。健康的に極限までダラダラしたままPC/映画/ゲームを楽しむ方法を模索します。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の選び方

   

ヘッドマウントディスプレイ(HMD) 概要

  •  ヘッドマウントディスプレイとは
    • 頭部に設置するメガネ。
    • パソコンやテレビの画面をメガネに映し出す。
    • 3D映像に対応するなど、近年の技術進歩が著しい、次世代の視聴スタイル。
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の長所
    • 没入感、臨場感が最高に味わえる
    • どんな姿勢にも柔軟に対応できる
    • FPSゲームやノベルゲームなど一人称視点のコンテンツ向き
    • 電子化書籍の読書が快適
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の短所
    • 導入コストが高い
    • 型番によっては、重い(重量的な意味で)
    • 人や映像コンテンツによっては酔ってしまう
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の関連アイテム
    • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
    • HDMI無線出力機

選ぶ際に気をつけるべき点

  • 重量
    • 寝たまま使用の際には重要なファクターとなります。
    • 額への負担は、人によって圧迫感やストレスを与えてしまう点を懸念します。
  • イヤホン(ヘッドホン)つきか否か
    • イヤホンつきモデルは没入感を向上させます。
    • コストをおさえたい場合は、イヤホンつきモデルを選びます。
    • 長時間使用の場合は、顔への圧迫感を軽減するために、外部スピーカーによる音声出力を推奨します。
  • 3D対応 / 非対応
    • 臨場感あふれる楽しみを得たい方は3D対応モデルを推奨します。
    • 性能はあまり良くないようです。(酔う人が続出)。もう少し安定したモデルが出るのを待つべきか。
    • 3D対応モデルにすると、コストがはね上がります。
  • 視野角
  • 解像度
    • 800×600から1280×1024など大きくことなる。
    • 映像など動的コンテンツの閲覧では解像度が高いほうが良い
    • 絵をみたり、文章を読む用途であれば解像度は低くて良い
  • 眼鏡をつけたまま使えるか
    • 視力に自信のない方は確認必須項目です。
    • 視度調整機能がついていれば、眼鏡なしでも使用可能。
    • 乱視持ちだと店頭で確認必須です。

製品別考察

 - 頭にディスプレイを固定する

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

機能の概要 3D対応(デュアルパネル3D方式) HD有機ELパネル採用 広視野角 …

主なヘッドマウントディスプレイ一覧

商品名 映像 3D対応 手軽さ 解像度 ユーザレビュー 軽量3D対応ヘッドマウン …

軽量3D対応ヘッドマウントディスプレイWrap920

機能の概要 2D/3D映像に対応 気軽に運べる重量105g 単三乾電池2本で6時 …