寝ながらパソコンやゲームをするとすぐに辛くなりますが、工夫次第で作業できるようになります。健康的に極限までダラダラしたままPC/映画/ゲームを楽しむ方法を模索します。

軽量3D対応ヘッドマウントディスプレイWrap920

   

機能の概要

41MhW5PpapL.jpg

  • 2D/3D映像に対応
  • 気軽に運べる重量105g
  • 単三乾電池2本で6時間使用できる
  • 67インチを3メートル先からみる感覚

>>軽量3D対応ヘッドマウントディスプレイWrap920の詳細をみる

特徴

  • 解像度 640×480(VGA画質)
    • 大雑把な動きはわかる。小さい文字になると、読めないことも。
  • 3D映像ではアナグリフ方式を採用。
    • 2色の画像を重ねて描かれた映像を左右それぞれの色のフィルターを通してみる方式。
    • 長所は、手軽に3Dが楽しめること。
    • 短所は、色目が大きくかわってしまったり、目が疲れやすいこと。
  • 重量105g
    • 自宅以外でも応用して利用できる
    • 他のヘッドマウントディスプレイに比べ、圧迫感がない。
  • 単三乾電池2本で6時間使用できる
    • 充電電池の予備を持ち歩けば、さらに長時間使用可能
  • ステレオイヤホン付属
    • 耳をおさえつけないタイプなので圧迫感がない。
  • 67インチ画面を3メートル先からみる感覚。
    • 17インチ液晶モニタを80cmほど離して使うような感覚。

ユーザレビューの考察・まとめ

  • 推薦するコメント
    • 2D/3D映像に対応しながら乾電池2本で戦えてパワフル
    • お手軽さが売り。装着がスムーズ。
    • 視力調整がすばらしい。裸眼視力0.1以下でも、眼鏡なしで見える。
    • 寝ながら見るのが楽
    • 出張中、飛行機の中での利用に適している
  • ネガティブなコメント
    • 3Dはオマケと割り切るべき。
    • VGA画質は荒い。複雑な文字だと、表示がつぶれる場合がある。
    • Web閲覧では文字が読みづらい。
    • XBOXにつないだら認識しない??
    • モニタの角度の加減で、やや上目遣いを強いられる
    • 鼻パッドの装着感も個人差がある模様。
    • HDMI端子に非対応
    • 日本語の説明書が簡素すぎる

注意点

  • パソコンの画面を閲覧したいときは、別売りのWrap VGAアダプターを購入する必要がある。
  • コンポジット出力しかできない。HDMI端子は非対応。
  • 暗い環境が作りにくい場合は別売りの遮光シールドを推奨

>>>>軽量3D対応ヘッドマウントディスプレイWrap920の詳細をみる

 - 頭にディスプレイを固定する

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

機能の概要 3D対応(デュアルパネル3D方式) HD有機ELパネル採用 広視野角 …

主なヘッドマウントディスプレイ一覧

商品名 映像 3D対応 手軽さ 解像度 ユーザレビュー 軽量3D対応ヘッドマウン …

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の選び方

ヘッドマウントディスプレイ(HMD) 概要  ヘッドマウントディスプレイとは 頭 …